南予から匠の花で産業を!

本事業で高付加価値製品の開発・製造・販売により利益を創出し五十崎和紙の新用途、和紙産業の活性化を広く国内外にアピールしたいと考えております。それによって<人>の交流を活発にし人材を確保することで既存産業を持続可能な形へと改善を目指します。また、株式会社として利益を追求する事で、地域の雇用を生み人材の育成を図る=<社会貢献>を経営理念としております。
手漉き和紙をはじめとする、内子・愛媛、そして日本のもつ伝統技術から創造される商品を開発、国内外へ製造販売する事で無限の可能性を秘めた世界市場を舞台に素晴らしき日本文化伝統を世界へ発信したいと思います。

※匠の花:五十崎の匠たちが持つ<ものづくり>の技、精神、矜持をイメージ

社名は我が師匠、坂本龍馬が作った日本で初めての株式会社<亀山社中>から拝借しました。
目指すは”世界の海援隊”です!

会社プロフィール

2008年 起業 ガボー氏によるギルディング技術習得・和紙修行開始
2009年、2010年、2014年、2017年 パリ メゾン&オブジェ出展
2011年 上海 華東交易会出展
2012年 ロンドンDECOREX出展 with BIDEN DESIGN
2015年 ミラノ国際博覧会クールジャパンデザインギャラリ―出展(nendo佐藤オオキ氏デザイン和紙皿)
ミラノサローネ出展
愛媛県南予政策委員に選定
内閣府クールジャパン官民連携プラットフォーム推進委員に選定
2016年 フランクフルト アンビエンテ DENSANブース出展
London Design Week参加
2017年 Paris Design Week ヨウジヤマモト・パリ店 和紙インスタレーション(cosmos内田喜基氏デザイン)
パリ日仏文化会館にてガボー氏と和紙講演会実施
道後温泉飛鳥の湯 和紙天吊シェード、ランプシェード制作

スタッフ紹介

齋藤宏之

齋藤宏之 (株式会社 五十崎社中 代表)

神奈川県海老名市生まれ。日本大学理工学部物理学科卒業 。大学卒業後、通信系IT企業へ就職。システムエンジニアとして10年間、企画・営業として3年間勤務。2008年7月、愛媛県内子町五十崎にて株式会社五十崎社中設立。JAPANブランド登録事業社として主に五十崎手漉き和紙を使った製品の製造・販売を行う。いわゆる”Iターン起業”にて奮闘中。

ガボー・オルヴィッキ

ガボー・ウルヴィツキ(デザイナー)

パリ在住の壁紙デザイナー。金属箔をつかったギルディングによる壁紙(ブランド名:ULGAD'OR)をデザインし、欧州・北米・中東および日本で販売。2007年にはフランス国家遺産企業の認定を受ける。ハンガリー・ブタペスト生まれ。2008年内子町商工会の依頼を受け、五十崎和紙を使った壁紙の商品開発・技術指導を行う(2008年8月~2009年1月、一家で五十崎に滞在)。

河内正剛

河内正剛

愛媛県喜多郡内子町生まれ。和紙事業の取り組みに賛同し、2009年2月五十崎社中に参加。
趣味はフルート演奏。

五十崎社中ショップ/ショールームのご案内

天神産紙工場内の展示スペースに五十崎社中ショップ兼ショールームが開設されました。壁紙などのインテリア装飾商品、ギルディング和紙を使った人気商品やここだけでしか買えない商品も多数揃えております。 お気軽にお立ち寄りください。

営業時間 午前9:00〜午後5:00
住所 〒795-0303 愛媛県喜多郡内子町平岡甲928 天神産紙内
TEL/FAX 0893-44-4403(携帯電話:090-3226-5002)
メールアドレス ikazakishachu@space.ocn.ne.jp

ギルディング教室開催のご案内

ギルティング(金箔貼り)の技術を皆さんに知って頂き、独創的な作品をつくってもらえるようにと開催します。教材は、写真たて・花瓶・ガラス容器など一つ選んで頂き、ギルティング装飾を施します。(余った教材はお使いできるようにお持ち帰り頂きます。)

詳細はこちら

日時 要予約。2名から受付。
時間 9:00~16:00
場所 五十崎社中ショールーム イベントスペース
参加費 1,500円(材料費込)
※ 申し込みは、メール(ikazakishachu@space.ocn.ne.jp)にてご連絡ください。
  • 五十崎社中-天神産紙工場外観
  • 五十崎社中-天神産紙工場ショップ内

工房のご案内

社名 株式会社 五十崎社中
代表者名 齋藤宏之
所在地 【工房】 愛媛県喜多郡内子町平岡1592-1
【本社】 愛媛県喜多郡内子町五十崎甲1620番地3
TEL/FAX 0893-44-4403
メールアドレス ikazakishachu@space.ocn.ne.jp

特徴ある優れた製品や技術について

内子町五十崎の伝統技術、手漉き和紙とフランス人デザイナーから技術指導を受けたギルディング(金属箔)加工技術のコラボレーションから生まれたギルディング和紙。
手漉き和紙のもつ優しく柔らかな素材感とギルディング箔がもつ力強い存在感が斬新なデザインにより見事に融合した商品です。
裏打ちすることにより壁紙にも加工可能。またレターセット、ポストカード、グリーティングカード、ブックカバー、カードケースなどのステーショナリーやタペストリ、ランプシェードなどのインテリア商品、ランチョンマット、コースターなどのテーブルセットなどの商品も充実しております。

ギルディングとは

ギルディングとは、金属箔を使い、紙や木材、布などの上にデザインを施す手法です。金属の酸化と腐食性の特徴を活かして 独創的な美しい色合いを表現しています。本技術をフランス人デザイナー、ガボー・ウルヴィツキ氏から指導を受けました。同技術を獲得しているのは株式会社五十崎社中が日本で唯一。

ギルディングイメージ

ギルディングの開発エピソード

2006年、中小企業庁を中心とした「JAPANBRAND」育成支援事業の助成を受け、パリのインテリア見本市に出展し、以前から和紙に興味があったガボーさんと出会います。最初はゼロからのスタートで、和紙を使った壁紙を作ろうとしても設備がありませんでした。地元の鉄工所の協力を得て、和紙を乾かしながらローラーで巻いていく機械を造るところから始まりました。

まさに地元を巻き込んでの一大プロジェクト。町の人もガボーさん一家を歓迎し、その温かいもてなしは、同氏の創作活動に大きな影響を与えました。
以後、2年間にかけてフランスから家族で内子町に住み込み、独自の手漉き和紙加工技術及びギルディング技術について五十崎社中が指導を受け、製品を完成させたのです。

五十崎社中について